ホーム>スタッフブログ>お知らせ>トーヨータイヤ新製品「SD-7」を発売
タイヤを換えれば走りが変わる

トーヨータイヤ新製品「SD-7」を発売

タイヤライフを向上した新しい低燃費タイヤ
乗用車用低燃費スタンダードタイヤ「SD-7」を発売しました

東洋ゴム工業株式会社は、乗用車用低燃費タイヤカテゴリーにおいて新スタンダードタイヤ「SD-7(エスディーセブン)」を新たに開発し、日本国内市場において、本年4月1日(日)より発売しますのでお知らせいたします。全21サイズで価格はオープン価格です。

一般的に、車の走行時には、路面との設置摩擦などの抵抗を受け、タイヤ内部でエネルギーロスが発生します。このエネルギーロスを抑える事でタイヤを転がりやすくする(転がり抵抗を低減)一方、ウエット路面でのタイヤのグリップ力を高める(制動距離短縮)必要があります。また、転がりやすくなる事で摩耗が進むのを抑制する耐摩耗性能(タイヤライフ)を向上させていく事が、低燃費タイヤ開発における課題といえます。

新商品「SD-7」は低燃費性能と耐摩耗性能を高い次元で両立し、タイヤラベリング制度における転がり抵抗「A」、ウエットグリップ性能「C」を取得した新スタンダード低燃費タイヤです。当社独自の材料設計基盤技術「Nano Balance Technology」を用いたトレッドゴムの配合設計をはじめ、高いシュミレーション技術によるパターンデザインの採用により、当社従来品(TOYO TEO plus)比で転がり抵抗を17%低減するとともに、耐摩耗性能(摩耗ライフ)を同12%向上させました。相反関係にある転がり抵抗とウエット性能、耐摩耗性能をバランスよく向上させ、快適な乗り心地や高い静粛性なども実現した「SD-7」を、低燃費スタンダードタイヤとして拡散してまいります。

by東洋ゴム工業株式会社

20183165812.jpg


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamagata-tire.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/128

ページ上部へ